ホーム » 利用規約

利用規約

(最終更新日:2016年1月14日)

第1条【規約の適用】

株式会社エスツー(以下、当社)は、当社が提供するレンタルサーバーサービス「88server」(以下、本サービス)に関し、本規約にもとづき契約(以下、その契約を「利用契約」、および、当社と利用契約を締結した者を「会員」とします)を締結し、会員は本規約のすべてを承認するものとします。ただし会員になることができるのは、満20歳以上の成人に限るものとします。また当社とパートナー契約を交わした者(以下、パートナー)は、パートナーの顧客に本サービスを利用させる際、本利用規約を遵守させるよう努めることとします。

第2条【サービス内容】

  1. 当社が提供する本サービスの品目を「メインサービス」と定義し、以下のとおりとします。
    • 88サーバー
    • 288サーバー
    • 88VPS
    • 88カート
  2. 当社が提供する本サービスの内容は、以下のとおりです。
    • インターネットで各種サービスを提供できるサーバー機能・ハードディスク領域、及び電子メールアドレスと電子メールを保存するためのハードディスク領域を提供するサービス(共用サーバ、ストリーミングサーバー)
    • インターネットで各種サービスを提供できるサーバを専用でレンタルするサービス(専用サーバー)
    • 当社データセンター内でお客様のサーバ、ネットワーク機器を設置できるスペースの提供と、インターネットへの接続回線を提供するサービス(ハウジング)
    • 上記に伴うCGIプログラム等のシステムのレンタル、および上記の機器に対する保守作業等

第3条【規約の変更】

当社は、本規約を変更することがあります。規約が変更された後の利用契約の内容は、変更後の規約によります。
変更後の規約は本サービスのWebサイトに掲載することにより会員に通知されたものとし、会員は変更後の規約に従うことに同意したとみなされるものとします。

第4条【通知をおこなう方法】

  1. 当社から会員に対する通知は、当社指定の申込フォームに記載された電子メールアドレスないしは会員から別途通知のあった電子メールアドレス宛に電子メールを送信する方法、もしくはWebサイトにて告知する方法によりおこないます。なお緊急を要する場合は、その時点で当社が最適と判断する方法によって通知がなされることがあります。
  2. 会員は、当社からのメールを正常に受信できる環境を維持しなければなりません。
  3. 会員から、同一内容のメールの再送信を依頼された場合、当社はそれを受けるものとします。

第5条【利用契約の締結】

本サービスの利用申込みは、当社指定の申し込みフォームもしくは書面による利用申込書に必要事項を記入の上、それを当社に提出することによりおこなうものとします。
利用契約は、当社からその申込みを承諾する旨の通知がなされた時点で締結されたものとします。
本サービスの提供は、利用契約が締結され、初回利用料金が支払われたことが確認され、当社が会員に対し電子メールによりログイン情報を送付した日、もしくは書面による開通通知書に記載された利用開始日から開始します。

第6条【申込みの拒否】

当社は、次の場合には本サービスの利用申込みを認めないことがあります。

当社は、前項の規定により本サービスの申込みを認めない場合は、すみやかに申込者へ通知するものとします。なお、当社はその理由を開示する義務を負いません。

第7条【サービス品目の変更の請求】

会員は現在利用中のサービス品目の変更を請求することができます。その際、当社は、第5条、第6条の規定に準じて取り扱います。なお、変更に際して手数料が発生する場合、会員はすみやかに所定の料金を支払うものとします。

第8条【サービス利用料】

本サービスの利用料は、別紙に定めるとおりとします。
会員は利用料とその消費税相当額を加算した額を当社へ支払うものとします。
物価の変動等により、当社は契約期間内でも利用料を変更することができるものとします。

第9条【支払の期限】

利用者は、本サービスの利用を申し込んだ場合、そのサービスプランに応じて、当社が定める方法により、指定された期日までに支払うものとします。
VPSサーバープラン、IP分散サーバーの場合は、メールで振込口座を連絡後、2週間以内になっております。

第10条【支払の方法】

共用サーバープランの場合は、会員が保有するクレジットカードにより、当該クレジットカード会社の定めにもとづいた引き落とし(当社が認めるクレジットカード会社のみ)となります。銀行振込み(オート銀振)・コンビニ払いの場合は前金になっております。
VPSサーバープラン、IP分散サーバーの場合は、銀行等からの振り込み(振込手数料は会員の負担とします)

第11条【遅延損害金】

会員は、利用料等の支払を遅延した場合、年率14.5%の割合による遅延損害金を支払うものとします。

第12条【契約事項の変更の届出】

会員は、申込みの際の記載事項に変更があった場合は、規定の様式により14日以内に当社へ届け出るものとします。
当社は、前項の不履行により会員もしくは第三者が被ったいかなる損害についても責任を負わないものとします。また、その不履行により当社からの通知が届かない、ないしは遅れた場合でも、当社はその通知が会員へ通常到達すべき時期に到達したと見なすことができるものとします。

第13条【契約の継承】

個人である会員が死亡した場合、利用契約は終了するものとします。ただし、相続した日から14日以内にその相続人が当社の定める継承届けを提出した場合、その相続人1名にかぎり、利用契約上の地位を承継できるものとします。

第14条【権利の譲渡禁止】

会員は、本規約により定められた利用契約上の地位ないし権利を第三者に譲渡したり、担保提供等をおこなうことはできません。

第15条【最低利用期間および違約金】

最低利用期間は1年とします。最低利用期間未満でのご解約の場合、ご返金はいたしません。

第16条【禁止事項】

会員は、次に該当するもしくは該当するおそれのある行為をおこなわないこととします。

第17条【損害に対する賠償義務】

会員またはその代理人、使用人その他会員の関係者が本規約に違反する行為をおこなって当社に損害を与えた場合、会員は、当社に対してその損害を賠償しなければなりません。

第18条【サーバーの管理作業】

  1. 当社は、次の各号に掲げるいずれかの事由によりお客様に対し、期限を定めて適切な管理作業を行うように通知することがあります。
    その場合、お客様は定められた期限までに適切な作業を行わなければなりません。
    (1)本サービスを提供するための機器に不具合が生じた場合
    (2)ご契約サーバー内のプログラム等が当社の設備に過大な負荷を与えている場合
  2. 前項各号に掲げる事由による当社からの通知にも関わらず、期限までに適切な管理作業が行われない場合には、当社は、サーバー内に置ける調査、サーバーの修補又は、停止、設定変更、筐体変更、その他の作業(以下、「改善作業等」という。)を行う事が出来るものとします。
  3. 前2項の規定にかかわらず、当社は、本サービスの提供のために緊急の必要がある場合には、お客様に通知することなく、直ちに改善作業等を行うことが出来るものとします。
  4. 当社は、前2項の改善作業等によってお客さまに生じた損害について、一切責任を追いません。

第19条【通信の秘密の保護】

当社は、入手した利用者の個人情報を円滑なサービスの提供に必要な範囲でのみ使用し、保存します。
当社は、警察官、国税職員、麻薬取締官、検察官、検察事務官、弁護士会、裁判所等の法律上照会権限を有する者から、会員の情報に関して問い合わせやサーバ設備の提供等を求められた場合には、これに応じるものとします。

第20条【サービス提供の中止】

当社は、下記の場合本サービスの提供を中止することがあります。

当社は、本サービスを中止するときは会員に対して事前に通知します。ただし、緊急を要する場合はこの限りではありません。
当社は、第1項にもとづき本サービスの提供を中止した場合に会員が被った損害について、いかなる賠償の責任も負いません。

第21条【サービス提供の停止】

当社は、以下の場合本サービスの提供を停止または一部停止することがあります。

当社は、本サービスを停止するときは会員に対して事前に通知します。ただし、緊急を要する場合はこの限りではありません。
当社は、第1項にもとづき本サービスの提供を中止した場合に会員が被った損害について、いかなる賠償の責任も負いません。

第22条【是正の要求等】

当社は、会員が本規約に違反したと当社が認めた場合、その会員に対し、下記の措置もしくはその組み合わせの措置を講ずる場合があります。なお緊急を要する場合は、会員にその旨の通知を事前にしないことがあります。

第23条【サービス品目の変更要請】

当社は、過度の負荷をかけているため上位品目への移行を依頼するなど、本サービスの利用状況に応じ、会員が利用中のサービス品目の変更を要請することがあります。会員は、当社の要請を正当な理由なく拒絶することはできないものとします。

第24条【サービス提供の廃止】

当社は、通信事情の変化等諸般の事情により、やむをえず一部もしくは全部のサービス品目を廃止することがあります。その際、当社は廃止する1カ月前までに通知をおこなうものとします。

第25条【利用契約の解除等】

当社は、次の項目に該当する場合には、会員に対し何らの通知・催告をすることなく直ちに利用契約を解除することができます。

会員から事前に書面による不備のない移管申請が当社に提出されていない限り、利用契約の解除にともない、当社は会員が当サービスで使用していた独自ドメイン名の廃止を申請できるものとします。このとき、該当独自ドメイン名が使用できなくなったことに直接、間接に起因するいかなる責任も当社は負わないこととします。
会員は、当社に対し、契約の解除を希望する月の前々月末日までに契約解除のお申し出により、末日をもって利用契約を解除することができます。
例)11月末日で契約の解除を希望する場合、9月末日までに契約の解除を申請
会員が年払い契約の場合、利用契約を途中で解約しても、すでに支払われた利用料金は一切返金しないものとします。

第26条【契約期間】

利用契約の契約期間は、第5条3項に定める本サービスの提供開始日から各プランにてお申込みされた契約年数と致します。

ただし、契約が終了する月の前月末日までに当事者の一方から書面による解約の意思表示がされない限り、利用契約は更に延長されるものとし、以後も同様とします。

第27条【損害賠償の制限】

当社の責に帰すべき事由により、会員が本サービスを24時間以上継続して全く利用できなくなった場合、会員からの申し出により、当社は利用不能になった期間と同等の契約期間を延長することをもって、会員に発生した損害を賠償します。その際当社は、営業補償など上記以外のいかなる賠償責任も負わないこととします。
第1種電気通信事業者又はその他の電気通信事業者の提供する電気通信役務に起因して、会員が本サービスを利用不能となった場合は、当社は前項に準じて会員の賠償請求に応じるものとします。

第28条【管理義務】

会員は、当社から発行されたログイン情報を適切に管理する義務を負います。過失無過失を問わず、当社の責に帰すことのできない形でログイン情報が他者に利用された場合、当社は一切の責任を負うことはないものとします。
ホームページデータやメールBOX内のメールデータ等、会員が当社設備に登録したもしくは本サービスを利用してやりとりをしている電子データに関しては、定期的なバックアップやダウンロードなど、会員自身が適切に管理、保管するものとします。当社はこれを保護、保管、再現するいかなる義務も負わないものとします。
会員は、本サービスの利用において発生した第三者との紛争に関しては自己責任で解決するものとし、当社は一切の責任を負わないものとします。
専用サーバーサービスを受ける会員(以下、専用サーバー会員)は、サーバー設備その他付帯設備を適切な状態に保ち、ほかの会員に支障を与えないように努めなければなりません。
専用サーバー会員の利用契約が終了したとき、当社は、終了後14日経過した時点で当社管理下のサーバー内に記録されている当該会員に関わる一切のデータ(顧客登録情報を除く)を削除します。
ハウジングサービスを受ける会員(以下、ハウジング会員)は、当社のデータセンターに設置した自己のサーバー設備について、自己の負担と責任において管理・運用するものとします。また、契約終了時は、自己の負担と責任においてすみやかに原状を回復し、当該設備を撤去するものとします。

第29条【当社を経由したドメインの取得】

  1. 会員は、第5条に記載の申込、又は利用するサービス内で複数のドメインを利用できるサービス品目に申込みを行った場合、当社を経由してレジストラから、ドメインを取得することができます。
    ただし、次に掲げる項目について、会員は管理責任を有します。

    (1)ドメインの取得および維持管理に係る費用
    (2)ドメインの移管
    (3)ドメインの廃止
    (4)上記第31条の1~3に付帯する事項
  2. 本条項に基づき、取得したドメインにかかる費用のすべてについて、会員は、当社が指定する方法で指定した支払先に支払うものとします。また、支払済の費用の返金は、原則としていたしません。
  3. 会員の管理不十分、仕様上の過誤、又はその他会員の責めに帰すべき事由により、ドメインの使用が不能、又は登録が抹消されたことなどに起因し、本サービスを正常に利用できず、これによって、会員が損害および不利益等を被ったとしても、当社は何らその責任を負わないものとします。
  4. 第3項に掲げる「会員の管理不十分」とは、ドメインの取得、維持ならびに更新にかかる費用の未払い、レジストラからの案内メールの確認をしないことに起因する不利益、不正アクセスを含みます。

第30条【ドメインの移管】

  1. 第29条に基づき、当社経由でレジストラから取得したドメインは、本サービスを利用不能となった場合には、その事由にかかわらず、ドメインを移管しなければなりません。ドメインを他社で取得し、本サービスの利用時に取得済みドメインを「持ち込み」により、本サービスを利用している場合も、移管しなければなりません。
  2. 当社は、会員の申し出により、ドメインの移管手続きに必要な情報を第4条に定める方法で通知します。
  3. ドメインの移管にかかわる手続きは、会員が自ら行うものとし、当社は、会員の求めに応じてその手続きに必要な情報を開示し、第4条に定める方法で通知します。
  4. 会員が、当社に情報の開示を求める方法は、メール、又は当社が指定する方法にて行うものとします。
  5. ドメインの移管をせず、ドメインの有効期限切れ等により、利用不能となった場合、当社は一切の責任を負いません。

第31条【オプションサービス】

当社は、第2条に定義したメインサービス以外をオプションサービスとし、各サービス品目に付帯できます。
ただし、メインサービスを解約した時点で、理由を問わず、オプションサービスも同時に解約となります。

第32条【準拠法】

本規約及び利用契約は、日本の法律に従って作成したものであり日本の法律に従って解釈されるものとします。

第33条【紛争の解決】

本規約に基づく利用契約について紛争、疑義、あるいは取決められていない事項が発生したときは、当社および会員は誠意をもって協議の上これを解決するものとします。
本規約に基づく利用契約に関する訴訟については、東京地方裁判所を管轄裁判所とします。

2016年1月14日 一部改訂

▲ページの上部へ戻る